DIY裁判

本人訴訟を支援するため弁護士が作ったサイト。弁護士なしで裁判をする方法について解説します。

第1回口頭弁論期日 訴訟手続

第1回口頭弁論期日について(法廷の場所や持参するもの)

投稿日:5月 18, 2019 更新日:

Q 訴状が無事受理され、被告に訴状の送達もなされました。裁判所から日程調整を受けた第1回口頭弁論期日には、どこに出頭して、何を持参したらよいですか。
当日の所要時間や、どのようなことを聞かれるのでしょうか。

A まず、当日の所要時間ですが、地裁と簡裁で少し違います。

地裁の場合は30分くらい見ておけば大丈夫だと思います。

簡裁の場合は1時間、できれば最大2時間くらいの余裕を見ておくといいと思います。

地裁でも簡裁でも、結果的に5分くらいで終わることもあります。

実際、双方弁護士がついているような訴訟の第1回口頭弁論期日は、2,3分で終わります。

しかし、簡易裁判所で裁判をする場合には、できるだけ時間に余裕を持っていくようにしてください。この点は、簡易裁判所での裁判が、本人でも簡単にできる理由に関係しています。→詳しくはこちら(簡裁の場合、1回目の期日で、一気に決着がつくかも、という話)

どこに行けばいいのか

裁判所には、「法廷」という部屋が、いくつかあります。201号法廷とか202号法廷、1号法廷、2号法廷、などと番号で区別されています。期日の日程調整の際に、裁判の行われる法廷の部屋番号を聞いているはずです。聞いていなかったり忘れてしまったら、電話で確認すれば教えてもらえます。当日、裁判所の民事書記官室で聞けば教えてもくれます。

持参するもの

①訴状等の裁判所に提出したものの控え
 これからも、書類は増えますので、ファイルにとじておく方がいいです。

②訴状と一緒に提出した証拠の原本
 証拠のコピーは①と一緒にファイルしておきます。裁判所で「甲5号証の金額と、甲7の金額が違うのはなぜですか?」等と聞かれたときに、ササッと確認できないと困るからです。原本はこれとは別にクリアファイルなどにいれておいて、持参します。)

③本人確認資料(免許証など)
 本人訴訟の場合、法廷で本人確認を受けます。

④次回期日の日程調整のためスケジュールの分かる手帳など

⑤印鑑

当日の流れは、初めての場合全然イメージが付かないですね。裁判所によっても裁判官によっても多少は違いますが、どんなことを聞かれて、どう答えれば良いかについては、下記の記事でご説明します。

→  第一回弁論期日はこんな感じです

→  相手方から答弁書が届いた場合の対応 直送の仕方、受け方。

-第1回口頭弁論期日, 訴訟手続

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

訴額の計算

訴額の計算は、弁護士でも意外と悩むときがあります。まずは、基本的なパターンからご紹介します。 金銭支払請求の場合は単純 金銭の支払いを求める訴訟の訴額は、特に難しくはありません。利息や遅延損害金を除く …

付属書類

付属書類とは、訴状に添付する書類のことです。例えば、不動産関係の訴訟の場合、訴状提出時に登記事項証明書や固定資産評価証明書の添付が必要な場合があります。また、原告または被告が法人である場合、法人登記の …

第一回口頭弁論期日は、こんな感じです、という話 その1

裁判所についたら、法廷の場所をロビーの案内板などで確認します。東京地裁などは、建物に入るのに金属探知機を通ったりしますので、予定時間より早めに到着するようにしましょう。指定されている時間よりも少し前に …

事件名

事件名の付け方 事件名の付け方には明確なルールはありません。事件の種類を簡潔表すものが良いでしょう。訴状には、以下の画像のように記載します。 貸したお金の返還請求なら、「貸金返還請求事件」「貸金請求事 …

会社の登記を調べたら、閉鎖になっていた場合、民事裁判を起こせるか

民事裁判を提起するため、相手方の会社の登記を調べたところ、「平成8年6月1日平成2年法律第64号附則第6条第1項の規定により解散」 との記載があり、さらに、「商業登記規則第81条第1項による登記記録閉鎖」 となっていましたが、これはどういうことでしょうか。