DIY裁判

本人訴訟を支援するため弁護士が作ったサイト。弁護士なしで裁判をする方法について解説します。

訴状

訴状訂正申立書の作成方法(請求の趣旨)

投稿日:

計算間違い

請求の趣旨の修正が必要になるのは、計算間違いというパターンが多いです。

その場合は、おとなしく間違いを認めて、訴状訂正申立書を提出しましょう。
訴状訂正申立書の提出方法

利息、遅延損害金の請求が間違っているという場合

利息や遅延損害金の計算方法が間違っているという場合もあります。
民法改正のために、法定利息が変更された影響もあるかもしれません。

いつから利息や遅延損害金の請求が可能か、請求の趣旨の記載例
民法改正による法定利息の変更

「連帯して」等の記載例

債務者と連帯保証人を同時に訴える場合には、連帯債務であることを請求の趣旨に表現する必要があります。具体的には、次のように記載します。

1 被告らは、原告に対し、連帯して、金○○万円及びこれに対する令和2年9月1日から支払済まで年3パーセントの割合による金員を支払え。
2 訴訟費用は、被告らの負担とする。
との判決及び仮執行宣言を求める。

建物明渡請求などで明け渡しを求める対象部分を特定するよう指示された場合

たとえば賃貸マンションの一室の明け渡しを求めるとか、駐車場の一区画の明け渡しを求めるという場合、部屋番号だけで特定するのではなく、図面で対象の貸室のあるフロアの平面図等を用いて対象の貸室部分を赤線で囲い、明け渡しを求める部分を特定するよう求められることがあります。

文章では、良く分からないと思いますので、次の記事を参考にして下さい。

不動産明渡請求の請求の趣旨の記載例

具体的な記載例は、次のように記載します。

第1 請求の趣旨を次のとおり訂正する。
 1 被告は、原告に対し、金○○万○○○○円及びこれに対する平成31年○月○日から支払済みまで、年5%の割合による金員を支払え。
 2 訴訟費用は、被告の負担とする。
との判決及び仮執行宣言を求める。

ワードファイルの書式はこちらのページから

訴状訂正申立書の作成方法

-訴状

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

訴状訂正申立書の書き方

訴状の受理後、補正を指示されることはよくあります。裁判所の指示をよく理解して適切に対応することがポイントです。 訴状の補正を指示されることが多いのは、「当事者の表示」「請求の趣旨」「請求の原因」の記載 …

(請求の趣旨)民法改正後の法定利率は計算上いつから適用すべきか

改正の概要 令和2年4月1日施行の民法改正により、法定利率を年3%に引き下げる改正が行われました(改正前は年5%)同時に3年ごとに自動的に見直される変動制が導入されており、今後は民法改正によらずに、法 …

訴状の提出セット、分かりやすくまとめると、こうなります

さいごに、最終的な訴状の提出時にそろえるもののセットを最終チェックしましょう。 基本セット常に提出しなければならない書類は、以下のものです。訴状、甲号証、証拠説明書は、受理後、被告に送達されます。 訴 …

当事者の表示

当事者の表示の基本的な書き方は、 〒111-1111 ・・・県・・・市・・・  (送達場所)       原   告    山 田 太 郎      電話   (  )    FAX   (  )   …

行方不明になってしまった賃借人への対応(訴訟提起編)

賃借人が連絡がつかなくなったとか、行方不明という場合にも、賃貸人は、勝手に貸室内の物品を処分することはできません。 たとえ契約書に、所有権を放棄したものとみなす等の規定があったとしてもです。 どのよう …