DIY裁判

本人訴訟を支援するため弁護士が作ったサイト。弁護士なしで裁判をする方法について解説します。

第1回口頭弁論期日 訴状 訴訟手続

訴状提出後裁判所から連絡が そのときの注意点は?

投稿日:

訴状を提出すると裁判所から連絡があります。

訴状に記載した電話番号に連絡があります。訴状に携帯電話の番号を記載したくなければ、書記官に携帯番号を伝えておくと良いと思います。

裁判所からの連絡は、1回目の裁判の日時の調整です。
(なお、このとき、訴状の修正や記載の追加を求められる場合があります。その対応については別記事をご覧ください(現在作成中))

1回目の期日は、平日の午前や、午後の早い時間帯に指定されるのが一般的です。土日祝日に期日が開かれることはありませんので、平日で都合をつける必要があります。

裁判所から連絡を受けたら、その際、以下の情報を確認してメモしておきましょう。

  1. 事件番号
  2. 訴訟が係属している「部」「係」
  3. 係属部の電話番号、FAX番号、担当書記官のお名前
  4. 第1回口頭弁論期日の日時
  5. 第1回口頭弁論期日の法廷

事件番号をメモしましょう

事件番号は、今後提出する書類の冒頭に記載して、どの事件の書類として提出しているのかを分かるようにします。裁判所にはたくさんの訴訟が係属していますので、事件番号を記載しないと、どの事件の関係で提出された書類なのか分からなくなります。

「部」「係」をメモしましょう

規模の大きい地方裁判所では、民事裁判を担当する部門が、いくつかの「部」に分かれていいる場合があります。名古屋地方裁判所では、10部の民事部があり、それぞれ、民事第3部、民事第4部、等と呼ばれます。東京地裁では、なんと51部まであります。

複数部に分かれていない場合でも、担当する裁判官ごとなどに、いくつかの「係」に分かれています。

簡易裁判所では、部に分かれていることはありませんが、係などの区別はあります。

今後、提出する書類は、このような「部」「係」を記載して提出します。書記官室を訪ねる場合や電話する際も、知っておかないといけないので、必ずメモりましょう。

この際に確認した事件番号や係は、たとえば、次のような、今後提出する書面の作成のときに記載することになります。ちなみに、下記の例は、「準備書面」という書類で、被告の反論に対する際反論や、追加で主張をするときに提出する書面です。なぜ「準備」書面というのかは、とりあえず気にしなくてもOKです。

令和元年(ハ)第9999号 貸金返還請求事件
原告 山田太郎
被告 川田次郎
                    令和元年6月10日
       準 備 書 面 (1)

○○簡易裁判所○○係 御中

第1 被告の主張に対する認否及び反論
 1 被告の主張第1項の記載について、被告が平成31年2月10日に原告に対し30,000円を支払ったとの点は認めるが、そのほかの主張は否認する。
   この30,000円の支払いは、本件貸付の返済として支払われたものではなく、原告が本件貸付とは別に、平成30年12月27日、被告に対し貸付けた金5万円(甲4)の返済である。したがって、本件貸付を一部返済しているとの被告の主張には理由がない。
 2 被告の主張第2項の記載については・・・・

第1回口頭弁論期日の日時と法廷の番号

1回目の期日の日時は、別途お知らせは届きませんので、確実にメモしておきましょう。裁判所には、法廷と呼ばれる部屋が複数存在します。どの法廷で行われるのかも、確認しておきましょう。法廷には、それぞれ、「202号法廷」とか「1号法廷」とか、番号で区別されているので、これを聞いてメモしておけば大丈夫です。

-第1回口頭弁論期日, 訴状, 訴訟手続

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

訴状訂正申立書の訂正をする

「訴状訂正申立書2」として提出する。 訴状を提出するときに提出するのは、訴状訂正申立書ですが、訂正申立書をさらに訂正したいときや、再度、訴状訂正申立書を訂正して、追加して主張をするときには、どのように …

付属書類

付属書類とは、訴状に添付する書類のことです。例えば、不動産関係の訴訟の場合、訴状提出時に登記事項証明書や固定資産評価証明書の添付が必要な場合があります。また、原告または被告が法人である場合、法人登記の …

被告の住所が分からないとき

訴状には被告の住所を書くのが原則 訴状には、被告の住所を記載します。しかし、住所がどうしても分からない場合は、職場の住所(就業先住所)や、分かっている最後の住所を記載することができます。 この場合、な …

第1回口頭弁論期日について(法廷の場所や持参するもの)

Q 訴状が無事受理され、被告に訴状の送達もなされました。裁判所から日程調整を受けた第1回口頭弁論期日には、どこに出頭して、何を持参したらよいですか。当日の所要時間や、どのようなことを聞かれるのでしょう …

会社の登記を調べたら、閉鎖になっていた場合、民事裁判を起こせるか

民事裁判を提起するため、相手方の会社の登記を調べたところ、「平成8年6月1日平成2年法律第64号附則第6条第1項の規定により解散」 との記載があり、さらに、「商業登記規則第81条第1項による登記記録閉鎖」 となっていましたが、これはどういうことでしょうか。