DIY裁判

本人訴訟を支援するため弁護士が作ったサイト。弁護士なしで裁判をする方法について解説します。

Uncategorized 訴状

訴状訂正申立書の具体的記載例(訴額の修正)

投稿日:

訴額の計算が違っている場合、訴額を修正することになります。また、請求の原因や請求の趣旨の変更の結果、訴額が変わってくる場合は、請求原因の訂正と合わせて訴額の記載の修正もしましょう
例えば、損害賠償請求訴訟の訴状で、損害額の合計の計算が間違っていた場合は、請求原因の修正と、請求の趣旨の修正と、訴額の修正が必要になります。

訴額
訴訟物の価額と同じ意味です。訴状には、「訴訟物の価額」と記載します。
訴額の計算はこちらをご覧ください。
訴訟物
訴訟物とは、その裁判の審理対象のことです。裁判は、権利の有無を判断することが目的であり、その有無の判断の対象である権利・請求権を訴訟物と言います。

具体的な記載例(訴訟物の価額だけを訂正する場合)

令和元年(ワ)第1111号 建物明渡等請求事件
原告 山田太郎
被告 川田次郎
         訴状訂正申立書
                   令和元年9月4日
名古屋地方裁判所 民事第10部イ係 御中
                   原告 山田 太郎

頭書事件の訴状の訴訟物の価額の記載を、下記の通り訂正いたします。
            記
訴訟物の価額 〇〇万円
                         以上

同時に貼用印紙額も変更になる場合

頭書事件の訴状の訴訟物の価額の記載を、下記の通り訂正いたします。
            記
訴訟物の価額 〇〇万円
貼用印紙額  ○万〇〇〇〇円
                         以上

訴状訂正申し立ての提出方法など

-Uncategorized, 訴状
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

物件目録

物件目録とは 物件目録とは、裁判書類のなかで主に不動産の特定のために使用される書式です。 たとえば、不動産の明渡訴訟の請求の趣旨は、 第1 請求の趣旨 1 被告は、原告に対し、別紙物件目録記載の土地を …

(請求の趣旨)民法改正後の法定利率は計算上いつから適用すべきか

改正の概要 令和2年4月1日施行の民法改正により、法定利率を年3%に引き下げる改正が行われました(改正前は年5%)同時に3年ごとに自動的に見直される変動制が導入されており、今後は民法改正によらずに、法 …

被告の住所が分からないとき

訴状には被告の住所を書くのが原則 訴状には、被告の住所を記載します。しかし、住所がどうしても分からない場合は、職場の住所(就業先住所)や、分かっている最後の住所を記載することができます。 この場合、な …

敷金返還請求、原状回復費用に対する重要反論パターン(その2)

3 耐用年数を経過している 次に重要なポイントは耐用年数を考慮して負担額が決まるという点です。 たとえば、クロスを損傷してしまったという場合に、そのクロスがすでに6年以上経過しており、いずれにしても張 …

証拠説明書と証拠のコピー

裁判所に証拠を提出する手順 証拠は、裁判所でいきなり相手方や裁判官に突きつけるわけではなく、事前にコピーを提出し、期日で原本を確認するという手順で提出します。 訴状でも請求原因を証明する的な証拠のコピ …