DIY裁判

本人訴訟を支援するため弁護士が作ったサイト。弁護士なしで裁判をする方法について解説します。

訴状 訴訟手続

証拠説明書と証拠のコピー

投稿日:5月 16, 2019 更新日:

裁判所に証拠を提出する手順

証拠は、裁判所でいきなり相手方や裁判官に突きつけるわけではなく、事前にコピーを提出し、期日で原本を確認するという手順で提出します。

訴状でも請求原因を証明する的な証拠のコピーを一緒に提出し、口頭弁論期日で、原本を確認します。

証拠には、提出する順番で番号をつけます。原告が提出する証拠は、甲号証と呼び、甲1号証、甲2号証・・・と番号をつけます。被告の提出する証拠は、乙号証といい、乙1号証、乙2号証・・・と番号をつけます。

提出時の体裁 部数・ホチキス止め等

訴状に添付して提出する証拠のコピーの右上の余白に赤字で「甲1号証」と証拠番号を記入します。

被告が1名の場合は、裁判所用と被告に送達する訴状副本に添付するものとで、合計2通の甲号証のコピーを提出することになりますが、どちらにも、赤字で証拠番号を記入します。

ちなみに、裁判所に提出したものの控えは、訴状と同じように、控え用のコピーを自分で用意します。裁判所に提出したものは、どんな書類でも、控え用のコピーをつくり、ファイルにまとめておきます。

ホチキスは、証拠ごとにとめます。甲1号証が3ページのものなら、その3枚だけ閉じます。甲1と甲2号証を一緒にはしません。もちろん甲1号証が1枚ペラならホチキスはしません。

コピーは、なるべく、拡大コピーや縮小コピーはしません。原本がA3判ならA3サイズでコピーし、二つに折って、折った部分を半分折り返して、A4サイズにおさまるように折りたたみます。

証拠番号の順番は、基本的に自由ですが、請求の原因など、書面で登場する順序で番号をつけるのが一般的です。

証拠説明書

最近は、証拠を提出するときには、証拠説明書を提出するのが当たり前になってきましたので、できるだけ提出するようにしましょう。証拠説明書に記載すべき事項は、記載例を見た方がわかりやすいので、以下の書式をご覧下さい。
http://www.courts.go.jp/sapporo/vcms_lf/syoukosetsumeisyo-kisairei.pdf

簡単な書類に思えますが、実際に作成すると、以外と悩む場合があります。

松江地裁HPの書式集が参考になります。
記載例だけでなく、証拠のコピーの取り方も説明されています。
記載例詳細版には、書籍の一部をコピーして証拠とする場合の標目や作成日、メールをコピーしたものを提出する場合、タイトルのない証拠、音声データを証拠として提出する場合など、証拠説明書の記載に悩むような場合の記載例があります。
http://www.courts.go.jp/matsue/saiban/tetuzuki/l4/Vcms4_00000309.html

裁判所HPの証拠の提出方法、証拠説明書の記載例の案内もご覧ください。
http://www.courts.go.jp/hiroshima/vcms_lf/30208004.pdf

証拠説明書の体裁

記載例や書式は上記リンクの通りです。
訴状と一緒に提出する証拠説明書は、裁判所用と被告用の2部です。提出しませんが、自分の控えも作成しましょう。ホチキスで留めて、いずれにも捺印をして提出します。

証拠説明書の書き方はこちらで詳しく解説します。
【書式&記載例】証拠説明書の書き方

-訴状, 訴訟手続

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第一回口頭弁論期日は、こんな感じです、という話 その1

裁判所についたら、法廷の場所をロビーの案内板などで確認します。東京地裁などは、建物に入るのに金属探知機を通ったりしますので、予定時間より早めに到着するようにしましょう。指定されている時間よりも少し前に …

管轄

no image

請求の原因には何を記載するか

請求の原因とは 請求の原因とは、金銭の支払や不動産の明け渡しを求める権利が存在することを根拠づける事実関係です。 法律の内容は、要件と効果で説明されます。たとえば、貸金返還訴訟において、①金銭を交付し …

no image

請求の趣旨の記載方法

請求の趣旨とは 請求の趣旨とは、裁判所に求める判決の結論のことです。 たとえば、売買代金として100万円の支払を求める場合、請求の趣旨はこのようになります。 第1 請求の趣旨 1 被告は、原告に対し、 …

利息の計算を自動でして、請求の趣旨も生成してくれるエクセルファイル

別の記事でも説明しましたが、裁判所では、年単位と1年未満の日割りで利息の計算をして、閏年をまたぐ時は365日の日割り計算と366日の日割り計算が必要になります。 何を言っているか分からないという方は、 …